過払い金請求は弁護士に相談を

借金返済に悩んでいる人で金利分が大きくて何年も返済をしている人の場合は、もしかすると過払い該当するかもしれません。何年も前に消費者金融などから高い金利で借金をしていれば過払いがある可能性が高いので、調べてみる必要があります。法律が改正される以前の借入金では、高い金利でお金を貸付していたところもあり、法定金利以上に支払っていることがあるのです。

 

法改正以前の借金が残っている人で、何年もも借金返済を繰り返しているという人は、もしかしたら、過払いになっていませんか。もし、過払いになっていたら、過払いの問題は弁護士事務所などで相談できますので、引きなおし計算ということをしてもらうことができます。借金返済の過払い引きなおし計算をした場合に、もう、借金の返済は終わっていて、払う必要がないという場合もありますし、さらに、それ以上に過払いであれば、返してもらうことができます。

 

実際に、過払いがあってお金が返ってきたという人では、200万円の返済が残っていたのに、引き直し計算をしたところ、借金は完済していたことがわかり、さらに、368万円の過払いがあったことがわかって、返してもらったそうです。この人の場合には10年以上も同じところに借金返済をしていたことからそれが、実はこのような過払いになっていたのですが、ひょっとして、もし、長年消費者金融の借金を返し続けていたら、返す必要がないどころか、お金が返ってくるかもしれませんので、心当たりがあったら、弁護士事務所などどで聞くとよいです。